SP11 ノリだけで行ってきた突発長門編

愛知から出張でやってきた友人が泊まるところを決めていないという話から、
山口県長門市在住の友人が冗談で「長門に来る?」という発言になり、
その場の全員がノって「じゃあ行くか」とNO PLANで始まった旅です。
行くまでの写真を撮り忘れたのが悔い。


2013年9月22日
ノソノソと起きて9時ぐらいに訪れた温泉(公衆浴場)です。
友人の話では、右側の恩湯が源泉かけ流し、奥側の礼湯が加熱処理しているらしいです。
我々は右側の恩湯に入って1時間ぐらいダベりながら入っていました。
長門湯本から長門市に出るまでの電車待ちの時間で寄った大寧寺です。
おみくじを引いて、ある友人が縁談で早くしないと纏まらなくなるみたいなこと書かれていて、悩み始めましたw
ちなみに私は小吉というなんの面白みもない結果でした。
QVGAのサイズだと全く分からないんですが(ぉぃ
長門湯本駅の駅舎です。無人駅です。
あとこれだと分かりにくいんですが、電線はありません。ディーゼルです。
昼食を取った「いさ路」です。長門市駅の観光協会の方に聞いて、タクシーで移動しました。
駅周辺にはほとんど人がいないのに、店は車と人でいっぱいで、ギャップが少しおかしかったです。
第一目標のいかの活き作り。
長門の友人曰く、呼子のイカは仙崎のイカだそうで、これが本当の本場のイカというわけです。
メインディッシュとなる海鮮丼です。
右上にある茶碗蒸しは諸事情によるサービスです。
※料理が遅かったわけではないです。公にして真似されると困るので伏せてます。
イカの活き作りを天ぷらにしてもらいました。
博多でもイカの活き作りの後、天ぷらなどにしてもらいますが……はっきり言って、この天ぷらは衝撃でしたΣ(゚Д゚)

美味いんですよ。

イカが柔らかくて、こんな美味しいイカの天ぷらは初めてでした。
期待値と結果のギャップがありすぎて、一番美味しく感じましたよw
新下関駅に向かいながらの観光その1。
千畳敷から見る長門市です。
これもQVGAだと分からないんですが、実は高さが333mで、東京タワーと同じですw
実はここに上がってくるまでの坂道の角度が非常に凄かったんですが……残念ながら写真はありません。
龍宮の潮吹が見れる場所に行って、近くに立っている神社にある賽銭箱です。
※龍宮の潮吹は残念ながら冬場でないと見れないらしいです。

TVでも取り扱われている珍百景です。
私含め、友人三人が挑戦。
私は元野球部なので、上投げの方が簡単に入りそうで、上投げで100円玉を放ったら、ミスって向こうの道路をコロコロと小銭が転がり、草むらに消えましたw
その後、50円玉で再挑戦。3回目ぐらいで壁に当たって入りそうだと思ったら、縁に当たって落ちてきました。……何故か100円玉がΣ(゚△゚;)
ちなみに、その100円玉ば一回で賽銭箱へ帰してあげました。
愛知に帰るという友人に対して「飯を食って帰るという手もあるぞ」という話から、瓦そばを食べて帰ることに。
新下関駅近くにあるゆめシティ(ゆめタウンでないことに衝撃を覚える)に行って食べました。

非常に美味しかったんですが、個人的には瓦で焼けたパリパリのそばはないと思います。
番外編

長門市にある観光案内版。地域ごとに異なるらしいです。
上は深川・長門湯本地区、下は日置・油谷地区です。
いさ路で他の客は呼び鈴で店員さんを呼んでいるのに、どこにあるか全く分からず、店を出る直前で気付いたんですが、さて、呼び鈴はどれでしょう?


TOPへ