短編
短編読切のページです。
当初は読切だったのが続編が書きたくなって続いたものもあります。
上から順に新しいもの、一番古いものは一番下になっています。

時期ネタ2006〜2007冬
2006年12月24日、2007年1月1日公開、2007年2月14日公開
作者:鏡月朱鷺
2006年のクリスマスイブに「小説祭やっても読む奴いねえだろうなぁ」と思い、日記でクリスマスネタの短編を書くという暴挙に出たことで始まったネタ。新年のときも全く同じキャラで同じ暴挙に出て、最終的に「あ、バレンタインもこのネタでいける」。

2006年度の冬、ラブラブ話が書きたくて書いた甘ったるい感じの時期ネタ短編です。
読みやすい感じに仕上げたつもりですので、お気軽にどうぞ。
  2006クリスマス編
  2007新年編
  2007バレンタイン編

上のは特に意味のない話に仕上がっていますが、ちょっとした設定が思い浮かんで、ちゃんとしたストーリーを書き下ろしてみました。
  2007バレンタイン書き下ろし『ビターバレンタイン、スウィートチョコレート』


残暑御見舞い申し上げます
2006年9月4日公開(納涼祭2006の代わり)
作者:櫻風優
夏と冬の小説祭、バレンタインほど目立たない地味な「納涼祭」のネタ。
2005年はできなかったので、2006年は一時期日記を移していたブログで5夜連続で少しずつやろうとした。
やろうとしただけで、途中でHPリニューアルを思いつき、全体の4/5程度のみがブログに掲載。終盤は書き下ろし。
夏の終わりを告げる、暑くない話を目指しました。
主役は由ですが、由を他作品で知らない人にも読めるように工夫しているつもりです。
あっさりとした感じに仕上げているので、お気軽にどうぞ。

本編へ(406行)


夏休み〜Enjoy with you〜
旧コンテンツ『桜坂再開発計画』(File No.21)にて公開した作品
公開日:桜坂再開発計画8月号(2006年8月3日)
作者:櫻風優
2006年になって櫻風ができるようになった「何もない小説」。
一月のブランクを埋める為に「リハビリ」を兼ねていたり、
設定やキャラを練らずに書いていたりするせいで、文章の質は最悪に近いです。
キャラが立っていなかったせいで、当初予定していたプロットからも大幅にずれていたりします。
でも、まぁ、櫻風が珍しく「まったりとした何もないお話」を書きましたので、もし宜しければどうぞ。
……いつか、これはテコ入れして書き直さないといけないですねぇ。

本編へ(679行)


インスタント〜手っ取り早く、安上がりの恋〜
 10000HIT記念に書いた小説です
 2006年3月19日公開
作者:櫻風優
 櫻風としては珍しいただの恋愛ものです。10000HITということで、誰にでも簡単に読めるような小説を目指してみました。

 本編へ


双子シリーズ このシリーズ?のみ公開時ではなく2006年9月1日時点でのコメントになっています。

プロジェクト【零-ZERO-】〜桜坂の風景〜
2005年6月21日公開
作者:櫻風優
 訂正とお詫びにて後味の悪い形になってしまったものをどうにか修正しようという「つぎはぎ感」から生まれた作品。
 記憶が確かなら、大神由、微塵、霧塵、葉月桜がHP上の小説で初登場した作品。
 小説祭2005夏前夜祭にて公開(ただ例の如く他作品を書ききらず、このときの小説祭はこの一本だけだった)された作品です。
 第二回意識&執筆感改革の直後に書かれた作品なので、これ以前の作品よりは非常に読みやすくなっている「はず」です。
 当時、なんかいろいろ書いてましたが、あまり意味のないことなのでここには書きません。

 本編へ(868行:王さんの通算本塁打数と一緒です)

禁恋ならびに恋禁術師の訂正とお詫び
2005年2月17日公開
作者:櫻風優
 恋禁術師でご指摘いただいたことをどうにか、「作品」という形でフォローできないかということで思いついた苦肉の策。
 このとき指摘されたことをまさか後に「設定」として利用するようになるとは思うこともなく……。
 当時のコメントは「誠に申し訳御座いませんでした。」でした。

 中身へ

恋禁術師 -immoral love-
2005年2月14日公開
作者:櫻風優
 お蔵入りしたのですが、2003年のクリスマスに第一回の小説祭を開始しました。
 このときの影響で2004年のバレンタインに作品をUPし、そのまま翌年も「バレンタインだしなんか書こう」となりました(このとき友人数人も巻き込んだ)。
 そのときネタがなくて、『禁恋』を使って書こうと思い立って書いた作品です。
 当時のコメントは「禁恋の続きです。バレンタイン企画ということで、一応、バレンタイン仕立てにしてみました。」でした。
 関係各所(?)からありがたいご指摘を頂いた問題作(?)です。
 念の為に言っておくと、この作品の読みは「れんきんじゅつし」です。

 本編へ

禁恋
2004年12月11日公開
作者:櫻風優
 ある日ふと突然思いついた作品。
 この後の続編で大いなる勘違いが発覚し、非常に貴重なご指摘(後に某作品に設定として逆利用させていただきました)を頂いた作品。
 公開時のコメントは「一回、こういったもの書いてみたかったんですよねぇ。少しだけ願いが叶った感じでしょうか?」だけでした。
 禁恋


TOPへ